水分補給するなら美味しい水を。「持ち歩く浄水器」BRITAの実力はいかに!?

おすすめ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
まー、

・総合病院の現役理学療法士
・介護領域の訪問リハビリを兼務
・介護予防、地域包括ケア推進リーダー
・20代からマイホーム計画
・元バスケットボール国体選手

まー、をフォローする
まー
まー

こんにちは!まーさんです。自己紹介はこちらから

暑くなってきて熱中症予防のため、水分補給が重要な季節になりました。しかし、水道水は苦手という方もいると思います。

そんな方にはBRITAの浄水機能付ボトルをオススメします。

近年、健康維持のために水分の重要性が再確認されてきていますね。

ミネラルウォーターを買ったり、マイボトルを持ち歩く人も増えています。

毎日ペットボトルの水を買うのも毎日のことになるとコストがかかります。2020年7月よりプラスチックゴミへの配慮を理由にレジ袋が有料化されました。

ペットボトルもプラスチックの仲間です。ペットボトルを買う頻度を減らすことは、環境問題に取り組むことにもなります。

BRITA(ブリタ)とは

1966年創業のドイツ生まれの浄水器メーカーです。世界でのシェアも多く、根強いファンがいるのも事実です。BRITA(ブリタ)HP

日本には2005年に上陸しました。海外ならではのオシャレなデザイン性が注目を浴びました。

BRITAの特徴としては専用のカートリッジを取り替えるだけということです。

浄水器メーカーだけあって、ホームページには水の重要性を教えてくれています。ぜひ覗いて見てください。

水の重要性

ヒトのカラダの約6割は水分でできています。

1日の水分摂取の目安は1.5L程度とされています。厳密にいうと、体重やライフスタイルによって変化しますが、目安にすると良いと思います。

ヒトは汗や排泄によって約1.5〜2.0Lの水分を失います。食事でもある程度の水分を取ることはできますが、大量摂取は難しいので非効率的と言えます。

全身に酸素や栄養素を運ぶ血液は、ほとんどが水分です。筋肉や老廃物を出す時にも水分が必要になります。

水を飲んだら、ココロにもカラダにもストレッチををやって見ましょう!

BRITAの【fill & go Active】

「浄水器を携帯する」というキャッチフレーズのエコボトル。

BRITAの特徴としては、ろ過フィルタを通すことで浄水できるということ。構造はいたってシンプルです。

「マイクロディスクカートリッジ」と呼ばれるフィルターが水を綺麗にします。

厚さ6mm、直径5.5cm、重量7gの円型の中に超微粒活性炭500万個が詰まっており、このフィルターを通るだけで、ミネラル成分はそのままにして塩素やカビ臭などを除去できます。

日本の基準では、浄水器に13項目の有害物質の除去を定めています。【JIS S3201】BRITAのfill & go Active はそのうちの9項目の除去に留まっています。消費者庁(浄水器)

また、飲みやすさも追求されています。

耐衝撃性のあるスクイズボトルになっており、ボトルを押し潰して飲めるようになっています。お上品に飲みたい時にはフタがコップがわりにもなるので、シーンによって分けられます。

容量は600mL、カラーもブルー、ピンク、ライム、パープルの4種類から選べます。

まーさん注目のメリットは次の3点!

  • 軽量
  • 低コスト
  • 衛生的

軽量

ホネオ
ホネオ

あれ?水を持ち運ぶのなら重さは変わらないのでは?

水の重さは変わらないので、ボトルの重さがどんなに軽くても水を入れてしまえば水の重さは当然あります。

じゃあ軽量ってどういうこと?となりますよね。

このBRITAのボトルは浄水機能付のボトルなので、水道水があれば美味しい水が飲めます。

つまり、家を出るときはボトル内は空っぽでOKです。出先で水道水をボトルに入れるだけで美味しい水が飲めるようになるのです。

500mLのペットボトルをバッグに入っていると重たいものです。1日1.5Lの水を取るとなると、500mLを3本も買わなければなりません。

手間や時間、労力がもったいない!

低コスト

ホネオ
ホネオ

ボトルを買って、フィルターも買って時々交換、となると結局お金がかかりそう。

結論から言うと1Lあたり、約4.5円でお得です。

500mLや2Lペットボトルの水は安くても1Lで50円前後はかかりますね。およそ1/10のコストに抑えることができます。

フィルターは1枚で約150Lの水をろ過できます。また期間としては4週間の連続使用ができます。

BRITAのフィルターカートリッジは、3個入で送料込みでも2000円程度。

フィルター1個あたりは670円ほどなので、150Lフルに使えば、およそ1L=4.5円となります。

たとえ150L飲まなくても、フィルターカートリッジは連続4週間(28日)使えます。

たとえば4週間、毎日1L=50円の水を買い続けると1400円。フィルター1個は670円ほどなので倍近くお得ですね。

どちらにしてもコストは圧倒的に抑えられる。ボトル自体も3000円以内で手に入ります。長期的な目で見ればすぐに元が取れますね!

衛生的

日本の水道水は世界でもトップクラスの安全性を誇ります。水道水をそのままボトルに詰めて販売できるほどです。

その秘密は塩素が入れることで雑菌の繁殖を防ぎ、衛生を保っているから

しかし、この塩素が水の風味を邪魔していることは事実です。

かといって、浄水された水は塩素が取り除かれているので雑菌が繁殖する可能性があります。夏場は特に注意したいです。

BRITAのボトルは水道水のまま持ち歩くことで雑菌の繁殖を防ぎ、飲む瞬間にフィルターを通してろ過するのでより衛生的な水となるのです。

BRITA【fill & go Active】まとめ

水の大切さと安全性がわかっていただけたでしょうか?

仕事にもスポーツにも、在宅ワークにもおすすめなBRITAのボトルのメリットをまとめました。

  • 浄水機能はJIS13項目のうち9項目達成
  • 水道水のまま持ち歩けるので軽量かつ衛生的
  • 水道水があれば、いつでも継ぎ足しができる
  • 長期的に見てコストはお得
  • プラスチックゴミの削減につながる
  • 水分を摂る習慣ができる

コメント

タイトルとURLをコピーしました